愛里弐番館・利用案内


認知症対応型共同生活介護(グループホーム)について

通称グループホームと呼ばれています。

 介護保険サービスの中で、『地域密着型サービス』という種類の内の一つで、認知症高齢者が、5人~9人の少人数で共同生活を営み、家庭的な雰囲気の中でスタッフとともに暮らす家です。

 スタッフに見守られながら食事の支度や掃除、洗濯などを共同で行い、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることで、自分らしく誇りを持って暮らし、精神的な安定を得て認知症の進行を穏やかにします。


地域密着型の介護保険事業です

認知症対応型共同生活介護は地域密着型の介護保険事業として展開されている為、保険者である東松山市の介護保険事業計画に基づき展開されています。

 

ライフタウン愛里弐番館では、平成24年3月1日から平成30年2月28日まで、介護保険法(平成9年法律第123号)第42条の2第1項及び第54条の2第1項の指定地域密着型(介護予防)サービス事業者の指定を東松山市長より受けています。

 

介護保険事業者番号 1193300116

 

 

東松山市のホームページはこちら

市のゆるキャラ「まっくん」と「あゆみん」

 



地域密着型について

誰もが年をとっても介護が必要になっても、住み慣れた自宅や地域の中で家族や親しい人たちとともに、最期までその人らしい人生を送りたいと望んでいるのではないでしょうか。

 

今後増加が見込まれる認知症高齢者や中重度の要介護高齢者等が出来る限り住み慣れた地域での生活が継続できるように、今までの都道府県から市町村が事業者の指定や監督を行い、地域の特性に合わせ、利用者のニーズにきめ細かく応えることで、まさしく地域に密着したサービスを行うためです。

 

「ちょっとご近所に行く」という感覚で利用できるサービスにより、「人との絆を失わない」介護を実現しようとしたものが、地域密着型サービスです。

 

介護保険の対象としてサービスを利用できるのは、原則として指定をした市町村等(保険者)の住民(被保険者)のみになります。


利用までの流れ

利用条件

〇東松山市に住所のある方

 ※他市町村の方でも、市町村間協議で利用可能になる場合も御座います。ご相談下さい。

 

〇介護保険で要支援2または、要介護1~5の認定を受けている方

 

〇医師の診断書に「認知症」が認められる方

 

〇日常的に医療行為を必要としない方

 

〇感染症等の疾病のない方

 

〇共同生活が可能な方


利用までの流れ

相談・見学

 ご家族の方のみでも構いませんのでお気軽に相談・見学下さい。

  ※介護認定を受けていない方でも、申請の各種手続きのお手伝いを致します。

   ▼

お申し込み

 ご利用の希望が御座いましたら、所定の用紙にてお申込み下さい。

   ▼

実地調査

 ご利用者さまの様子をうかがいにケアマネージャーが伺います。

   ▼

判定会議

 調査などの資料の基に当方で支援可能か、審議します。

   ▼

契 約 

 重要事項の説明、利用の案内をし契約を交わします。

   ▼

利用開始

 安心した生活を送れるよう支援します。


利用料金

〇介護保険自己負担分  ※介護区分により金額が異なります。

  要支援2 743単位/日

  要介護1 747単位/日

  要介護2 782単位/日

  要介護3 806単位/日

  要介護4 822単位/日 

  要介護5 838単位/日    ※1単位10.27円(地域区分による)

 

〇介護保険各種加算分 ※対象になる方のみ  事業所の体制・介護報酬改定により変更あり

  ●初期加算 30単位/日(登録日から30日間)

  ●サービス提供体制強化加算Ⅲ 6単位/日 

  介護職員処遇改善加算Ⅰ 所定単位数の11.1%

  若年性認知症利用者受入加算 120単位/日

  入居者の入退院支援の取組加算 246単位/日 ※ひと月に6日を限度

  口腔衛生管理体制加算 30単位/月

 

〇入居費用

  食事代 朝食:400円

      昼食:550円

      夕食:550円

  日用品費 10.000円/月  

  光熱水費 15.000円/月

  家賃 60.000円/月

 

  入居金 150.000円/入居時

 

〇実費負担分

  各種オムツ代 (利用数による)

  

  嗜好品

  診療費

  薬代

  理美容代

  などは立て替えでお支払いさせて頂きます。