スタッフ募集

 私たちは、共にご利用者を支えてくださる仲間を募集しています。

 認知症の方を含む、高齢者の方々がいつまでも、自分らしく彩りのある暮らしができるように

 支援して下さる方を求めています。

仕事内容は、その方の「生活」そのものの支援

 歳を重ね、今まで自分で出来ていた事が一人では難しくなってきた事を、「そっと」支援するお仕事です。

 介護の仕事と云うと「入浴」「排泄」「食事」などの支援が思い浮かびますが、私達がしなければならないのはそれらを含めた「生活」の支援です。転んで怪我をしてしまわない様に、直接手を差し伸べた支援をする事もあれば、認知症の見当識傷害(時間・場所が分からないなど)で不安な方の心に寄り添ったケアをする事もございます。

 どのような支援が必要なのかはご利用者それぞれ違います。その方にその時必要な支援を行います。

 朝、目を覚ましてから、夜布団に入るまで。更には翌朝また目を覚ますまで。24時間全ての場面において、支援が必要な方に必要な手をさしのべます。

専門的な資格はなくても大丈夫!!

 私達が行うのは「生活」の支援です。「生活」に合わせて手を差し伸べる事ができればスタートできます。

 ご利用者の今までの「生活」歴は皆さまそれぞれ違います。自分の価値観で支援すると失敗することがあります。共に過ごす事で見える事もございます。沢山教えてくださいます。

 しかし、日々の学びは必要です。特に「認知症ケア」は、認知症について知らなくては支援できません。日々の支援の中で沢山の気づきや発見があり、明日のケアに繋がります。

 私たちはチームでケアをしています。仲間の気づきを共有し、自分の発見をより良いケアに繋げる事ができます。

社内研修でゆっくり学べます

 毎月、事業所内で研修を実施しています。介護をする上で必要な知識や技術を共に学べます。更には「笑顔の効果」や「心理クイズ」など直接介護とは関係のないような、明るく笑って楽しめる研修も実施しています。

 日々の支援の中でも、介護福祉士や先輩スタッフが個別の支援の仕方についてもアドバイスさせていただきます。

 また、弊社の他事業所との合同研修も毎年実施しています。他事業所の取組など情報交換の場にもなっています。

 もちろん、初任者研修や介護福祉士の資格などより専門的に学ぶことが支援には大いに役立ちますので、ガンバる方には色々な形で応援させていただきます。

 私たちはプロの介護スタッフです。介護を生業にするからには専門性を持って支援できるように学び続けて行きましょう。

チームで取り組む、その方らしい生活の支援

 認知症の症状からくる現実社会とのズレからくる行動などは本人だけでなく、周りの人にも影響を及ぼします。

 不適切なケアが認知症を悪化させるのは明らかです。私たち介護スタッフが認知症ケアについて学び、適切なケアをすることで、ご利用者は安心して過ごす事が出来ています。また、ご利用者が安心する事がより良いケアに繋がっています。

 愛里弐番館は2ユニット(1階、2階に分かれています)です、ご利用者はもちろん、スタッフもユニット毎に分かれます。ご利用者はいつもの馴染みのスタッフの支援で安心します。スタッフも少人数のご利用者をケアすることで、沢山の気づきができます。信頼関係の構築がより良いケアにも繋がります。

食事を一緒にいただきます

 スタッフもご利用者と一緒に、同じ食事をいただきます。

 介護者と要介護者ではありますが、私たちは共に暮らす家族のように楽しい食事の時間を共有しています。

 認知機能の低下により、見た目や匂い、味など何の料理かが分かりずらくなってしまう事もございます。そんな時、隣で食べている私たちが、説明したりすることで安心して、今までのように食事の楽しみが継続できます。

 働く日に弁当を用意する必要はございません。温かい栄養バランスの取れた料理がいただけます。(自己負担150円)

お子さま連れでも大丈夫!!

 休日や夏休みなどは、こども達も大活躍。

 私達介護スタッフだけでは出来ない、家庭的な雰囲気を作りだしてくれます。

 スタッフは子育てのつもりで、厳しめに注意してしまいますが、人生の先輩方は優しい愛情で包んでくださいます。

 小さい子供がいるから、働くのは難しいと諦めている方は、是非子供と一緒にお越し下さい。子供の用事や体調不良などで休まなくてはいけない時は、お互い様なので仲間で協力し合っています。それがチームワークの強化にも繋がっています。

 子供の教育にもきっと良いと思いますよ。今のトコロみんな良い子に育っています。

料理は得意でも苦手でも構いません

 生活の支援だと料理もしなきゃかな?と足踏みされている方も心配はございません。

 現在、メインの食事は厨房で調理しています。残念ながら介護スタッフが腕を振るう機会はございません。味噌汁を作る事が出来れば充分です。

 逆に腕を振るいたい方は、活躍の舞台を用意致します。ご利用者、スタッフ併せて40名弱の調理をお願いします。

多くても9名の方々をケアするのが夜勤のお仕事

 夜間はユニット毎にスタッフを配置しています。小規模とグループホーム2ユニット、それぞれに1名づつ。ご利用者はグループホームは各ユニット9名づつ。小規模に限っては特段の事情がない限り、最大5名。少人数のご利用者を見守っていただきます。

 主なケアは皆さまがゆっくりお休みできるように、安心を提供するのが最優先です。必要な方に排泄の声掛けや排泄支援をさせていただきます。

 一人でケアする時間は皆様がお休みになり起床されるまで。皆さまがゆっくり休まれている時は、求められるのをゆっくり待っていてください。

 就業時間は基本18:00から翌9:00です。

活躍の舞台は介護だけではございません

 現在ライフタウンでは老若男女問わず活躍してくださっています。更には色んな場面で活躍しています。

 運転の得意な方はライフタウン輝里で送迎を中心に介護スタッフとして。

 お掃除が得意な方は愛里弐番館で環境整備を中心に介護スタッフとして。

 介護できないけど、料理や掃除できる方は、サポートスタッフとして。

 調理が得意な方は皆様に美味しい料理を作ってくださっています。

 セカンドキャリアでバリバリと介護をされている方もいらっしゃいます。

 「生活」の場面に実に様々なシーンがございます。あなたの得意を活かしてみませんか?